三段論 法。 NHK高校講座

では、「2+3」は・・・? ここで、「5」と答えた人は、「加算の法則」に従って答えを出しましたよね。 これは非常に基本的な三段論法と言えます。 よって、 レポートなどの文章に向く。

16

その他の論法についても後述します。 一般に三段論法と言えば、• 例えば、仕事上で上司に、何かしらの報告をする時や、提案書をまとめる時。

12

つまり、 他人から聞いた知識や話を、そのまま真に受けてしまう人はカンタンにはぐらかされます。

1

3、結論 よってXは殺人罪の罪責を負う。 ここが、三段論法の「 大前提」です。 規範立て• (前提1)人を殺すと、死刑、無期懲役、5年以上の有期懲役となる (前提2)Aは、人を殺した (結論)Aは、死刑、無期懲役、5年以上の有期懲役となる この前提1は、法律の条文ですが、ここでは、「人を殺す」とは、どういうことか、どんな場合が、「人を殺した」と言えるのかが問題となり得ます。

18

これらに関しては、下記記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1

以下に例を出しましょう。 当てはめ• 語義 [ ] もともと言語依拠段階的推論法というような意味合いである。 1 いかなるもでない。

8

以上です。 小論文で使う「三段論法」とは? 小論文を書くときには「三段論法」を使うと説得力のある文を書くことができると言われています。

9

例えば、窃盗罪における窃取の定義であったり、住居侵入罪における住居の定義などです。 前記の刑法199条の例で言えば,人が人を殺したという抽象的事実ではなく,Aという人がBという人を殺したという具体的な事実が小前提となるということです。

15

結論:すべての 人間は 死すべきものである。