あはれ 意味。 複数の意味を持つ『いとをかし』と『いとあはれ』の意味一覧《原文/訳付き》

さばかりさかしだち、真名書きちらしてはべるほども、よく見れば、まだいとたらぬこと多かり。

13

優しいさま。 『しみじみとかわいい。  [名]しみじみ、を表す。

17

25件のビュー• 80件のビュー• これが中世以降、称賛を込めて言うものが「天晴れ(あっぱれ)」、悲哀を表して言うものが「哀れ」という風に、のれん分けして使い分けられるようになったのです。

15

この度愛読者様からのご要望にお答えし、バックナンバーを作成いたしましたのでおせんべいを召し上がりながらゆったりくつろいでご覧ください。 『あはれ』の意味一覧 原文 意味 あはれ しみじみとした思いだ。

16

白日かがやけば虚空明かなるに似たり。

この歌即ち是れ如来の真の形体なり。 を使った表現 『徒然草』 あやしき家に夕顔の白く見えて、蚊遣(かや)り火ふすぶるもあはれなり 【現代語訳】 粗末な家(の塀)に夕顔の花が白く見えて、そして蚊遣り火がくすぶっているのももの寂しく心引かれる。