武蔵 の 国。 古墳時代の武蔵国

「武蔵三藩」と呼ばれる「岩槻藩(旧岩槻市)」、「川越藩(川越市)」、「忍藩(行田市)」が江戸を防衛した。 の一部を除く全域 …… (昭和55年)に起立した卸本町の町域は大部分が瀬谷区瀬谷町であったが、一部に旧武蔵国であったと、同じく都筑郡都岡町であった上川井町が含まれている。

19

(73村・31,293石余) - 幕府領、旗本領、 、忍藩、川越藩、上野前橋藩、上総久留里藩• (かて) の国造。 (権少掾)(996年〈長徳2年〉 任)• さらに、昭和43年(1968)に稲荷山(いなりやま)古墳で「金錯銘(きんさくめい)鉄剣」が発見されて一躍全国に名をとどろかせた埼玉古墳群は行田市にある。

12

「武蔵野」というと、東京都の多摩地方をイメージする人が多いのも、それを象徴している。

六世紀前半の上毛野・下毛野・武蔵の前方後円墳からは鈴鏡(れいきょう)という、上毛野を分布の中心とみることもできる銅鏡が出土している。 (・、 ) 現在の西元町1-4丁目に存在した。

1

西葛西領 - 葛飾郡 69• 廃藩置県で、相模国には、小田原県、荻野山中県の二つの県が置かれた。

11

播磨 はりま ( 今 いま の 兵庫県 ひょうごけん ) 20. 1240年-? -• (1868年) - 忍藩士の山田政則が に就任。 『埼玉県の地名』(平凡社) 氷川神社項。 「ふちゅう地下マップ」参照 出典 [ ]• (権守)(〈4年〉5月 見)*。

17