富士 フィルム インターン。 富士フイルム株式会社の企業情報・インターンシップ

富士フイルムのインターンシップ選考対策の2つめとして、インターンシップの内容をしっかりと把握しましょう。 インターンに参加すると、本選考では一次面談を免除された。 エントリー〆切:2018年11月19日 適性検査・ES:不明 面接:不明 合否連絡:不明 Student Day こちらのインターンは半日参加型の短期インターンとなっています。

上記のように 自分の望んでいることと富士フイルムの方向性が大なり小なりマッチしていることがカギとなります。

3

グループ面接の質問内容は、主にこちらの3つでした。 自己分析の浅さは人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。

富士フイルムでは、人を育てる内容を重視して行われています。 社会保険・年金など 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、確定給付企業年金、確定拠出年金、財形貯蓄など。

18

自己分析を深め、自分のことをよく理解できるようになると、質問にも的確に答えられるようになります。 実施時期: 2018年11月14日(水)~12月11日(火)、11月19日(月)~12月19日(水)、11月26日(月)~12月20日(木)、11月28日(水)~12月21日(金) 参加条件: インターンシップ実施時に大学生または大学院生で、インターンシップの全日程に参加可能であること 開催地: 六本木東京ミッドタウン本社 待遇: 遠方参加者の交通費、参加者全員の昼食費を支給 選考の日程は以下のとおりです。 このことから、富士フイルムで求められるのは「主体的に行動し、何事に対しても学ぶ姿勢を持てる人」だといえるでしょう。

これら人材・環境・社会性などから富士フイルムは「東洋経済CSR企業ランキング」でトップをとっています。

2

初めに事業部長から富士フイルムの歴史などを含めた企業紹介をされる。 論理性やアイデア性などに秀でているメンバーもおり、総じて楽しく充実していたと思う。

3

」と記載されています。 以下で各インターンの詳細をご紹介していきますので、自分が参加したいのはどのインターンなのか、考えながら読んでください。

6

未来を見据えた制度設計ができるような力を身につけたい。 GROW 何事からも謙虚に学ぼうとすることができる、成長意欲の高い人材 THINK 本質を考え抜く思考力を持ち、周囲を巻き込みながら仕事を進めていける人材 PASSION 仕事への「自分の強い想い」をどんな相手にでもぶつけていける人 COURAGE 不確実な状況でも、勇気を持って行動し、最後までやり抜ける人材 引用: 富士フイルムの仕事は、商品企画から需給管理、マーケティングから営業までと様々です。 さらに土曜日は経験者で有志を募り、より実践的な練習を実施した。

15