ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について ルーカス。 ある日、お姫様になってしまった件について◆第80話翻訳あらすじ◆パパとアタナシア │ BOOK REPORT

第28話にて、14歳の誕生日にもクロードがアタナシアを尋ねてこなかったことに対して、決して寂しいわけではないが戸惑いの気持ちを見せたアタナシアがいましたね。 今まで生き残る為に愛されようと努力していたけど、クロードについては良く知らなかったんじゃないかと。 しかし、興味を持ったかのように見せながらも、幼いアタナシアが湖に落ちた時には冷酷な目で見つめるだけで助けようとしなかったり、時折見せる冷酷なクロードの言動に、見ているだけで心臓が縮み上がってしまいそうになります。

10

お茶の香りがとても良いですね・・・フラワーティーがお好きなんですかというと、コクリと頷きます。 ジェニットの伯母は、 アタナシアを幽閉もしくは第1姫から外れる程度の処分を望んでいました。

7

お休みとルーカスと別れて部屋へ戻りますがルーカスはアタナシアを見送った後、思案気な表情を浮かべます。 アタナシアが死んだらルーカスも殺すと言葉にしていた。

11

そしたら今回の80話でクロードってめちゃくちゃ切なすぎるんじゃん、ダイアナ好きすぎるんじゃんと思いたまらず書き上げました。 一生そばにいると誓ってくれたフェネロペと、兄であるアナスタシウスの裏切り。 「私……どうしよう……!?」 引用) ビジュアルが眩しすぎる『ある日、お姫様になってしまった件について』の主な登場人物 『ある日、お姫様になってしまった件について』では、とにかく可愛い、かっこいいキャラクターがたくさん登場します。

11

だからクロードの自室にはフェネロペの肖像画が置いてあるんだ。

6

そんなアタナシアにクロードは 「ふむ。 「陛下が……」 血まみれで倒れたクロードで83話は終了。 家に着くと、ジェニットは陛下とかなりお近づきになったようだなと聞かれます。