薬屋 の ひとりごと ガンガン。 薬屋のひとりごととは

主人公の 猫猫 まおまおは 薬師として 花街(現代で言う風俗街)で働く少女だった。

18

お前は居残りだ。 そしてその推理はほぼ間違いない事が分かっている。

4

そして壬氏から持ち込まれた「青い薔薇が見たい」という難題が きっかけで、猫猫が羅漢と向き合う事になる第7巻! 原作同様、これからも期待して読ませて頂きます。

1

医局 [ ] 姚(ヤオ) 猫猫と共に医官手伝いとして働く15歳の少女。 それまで住んでいた村を呪師によって追い出され、おのぼり感覚で都へ行こうとしていたところを猫猫たちに拾われる。

後宮では元に戻すタイミングがわからない上、恥ずかしいのでそのままである。 趙迂(チョウウ) 子一族の生き残りの少年だが、毒を煽った後遺症で記憶を無くし半身に麻痺が残る。

猫猫をにするため芸事を仕込もうとしてきた。 小蘭(シャオラン) 14歳。 とりわけキャラの可愛さの引き立て方、キャラクターの描き分け、さらにデフォルメ絵の上手さへの高評価が目立ちます。

12