よくあるファンタジー小説で ネタバレ。 よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る◆第41話あらすじ◆深まる誤解 │ BOOK REPORT

家では何でもできる一番上の兄に懐いていたが、時が経つにつれて全ての面で兄を超え始めてしまい、ある日、兄に裏切られることに…。 ジェラルド・ファーンハム侯爵 エブゲニアの弟で、ファーンハムの家主。 カナリアの母 ジェパードと同じく、カナリアが離婚の危機に陥っていることに対して、カナリアに捲し立てる。

7

新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 交通事故に遭い、気付いたら異世界で10才くらいの少女になっていて、そこは自分が読んだことのある小説の中の世界だったという、異世界転生もの。

16

正しくは、主人公の手で…• ギオロは最後に「自分の首をお前の親父に持っていけ、そうすれば愛されることは間違いない、そしてお前が次の皇帝になれ」と言う。 そのためにエブゲニア皇后の指示に従いながらも、セザールとも親交を深めていく。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。

6

15〜19話 感想 カナリアは「まさかね」と思ってるけど、そのまさかで、カナリアの言葉がグレイシーの今後に大きな影響を与えそうです。 そしてカナリアは頭を下げて言った:「ああ、男の子じゃなくて女の子じゃない. 彼らがささいなことをめぐって争ったという事実にもかかわらず、彼らはすぐに和解しましたが、彼が離婚について知らされたときのセザールの顔の気分を害した表情は決して彼の記憶を離れません。

16

だからこそ、結婚相手に、他人に無関心なセザールを選んだのかと気づく。

9

セザールがこれから 確実にショックを受けることになると思うと胸が痛いです…。 またオスカーとはただならぬ関係のようで…。

1

原作とは違ってカナリアに心を奪われたセザールは、戦地から早く帰るために奮闘して原作よりも1年も早く凱旋したり、さらにグレイシーもカナリアの言葉を受けて、法を変えようと動き始めたり、カナリアの存在によって大きくストーリーが変化するのです。 私、その小説の妃になってしまいました。

7

あの日のことだが、と切り出したセザールにカナリアは先日の告白の返事を聞きにきたと勘違いし、心の準備ができてないと焦ります。 (今すぐカナリアに会いに行こう) カナリアに会いに行ったセザール。 カナリアはセザールと約束していた凱旋式で身につけるマントの刺繍をがんばるが、苦手なので、なかなか進まず、メイドのアリスに手伝ってもらってなんとか仕上げた。

とにかく、これはこのような従来の設定を持つ定期的なラブマンガですが、この王道は面白いです。