電子 レンジ で いちご 飴。 つくれぽ1000超えは?いちご飴 人気レシピ特集10品【クックパッド殿堂入り】

132• 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 802• 一方で、電子レンジのメリットとしては 飴を溶かす手間が非常に少ないといことで、 デメリットは加熱時間が少し長くなると すぐに飴が焦げてしまうということになります。 あまり欲張って 砂糖をつけすぎてしまうと、パリパリ感がなくなってしまうので注意しましょう。

9

また、これらの方法の中で使いやすいと思うのが 「湯煎」と「電子レンジ」で溶かす方法になるのですが、 湯煎と電子レンジではそれぞれメリットデメリットがあるので、 それらを理解した上で使い分けると良いでしょう。 市販されている飴をそのまま食べるのも 美味しいですが、一度飴を溶かして 自分が好きな型に流し込んで オリジナルの飴にして食べたいと 思われる方も少なくないようです。 そのツヤツヤ&キラキラのいちご飴をSNSにのせるため、連日行列が絶えない人気ぶりだ。

16

後ほど、飴化を見極めるポイントも解説するので、しっかりチェックしておこう。

ほんのりきつね色なった瞬間がベストな状態です。 耐熱性で深めの容器 電子レンジで加熱する時、 沸騰して、泡が出ます! 高さがあり、耐熱性で、 砂糖と水を混ぜやすいどんぶり鉢がおススメ! 写真では約8cmの高さのどんぶりばちを 使用してます。 苺をくるくるする回数は 1周~1周半くらいで大丈夫です。

8

しっかり水分を取って、ヘタも取り除いておきましょう。 箸でも、ゴムベラでも、なんでもOK。 最後に、クッキングシートの上に5分ほど置いておくと、固まって完成です。

18

広島県• また、砂糖は上白糖ではなく、グラニュー糖が1番作りやすいです。 そのまま常温で冷やし固めれば、出来上がり! いちごは、3個~5個程度つなげて刺すと、屋台やお店のものみたいで、可愛く作れます。 全体の量があまり少ないと作りにくいので、 砂糖200g:水50㏄もしくは、砂糖400g:水100㏄がおすすめです。

20