ジャンボ ジェット機。 1970年代、ジャンボ機登場で始まった海外ブームー海外渡航自由化50周年の歴史を読み解く(2)

のエンジン試験機として2018年まで使われた747-121 N747GE)を保存。

8

VH-EBU「Nalanji Dreaming」先住民を讃える特別塗装機シリーズ「Flying Art Series」の初代機である。 後にヴァージン・オービットの拠点があるアメリカで再登録(N744VG)された。

17

には、ボーイング747-400を超える大型機としてエアバスA380が開発されることが発表されたが、ボーイング社は747-400の航続距離を延長した747-400ERの製造を開始し、さらに機体を延長してキャパシティを増大させ、新型の低燃費エンジンなどの最新テクノロジーを利用し経済性をさらに高めた新機種の製造を正式に決定した。

15

愛称は「コズミック・ガール」。 最終号機: 747-400シリーズ 総生産機数:694機 B747-8 シリーズ [ ]• B747-100 [ ] 747-100初号機「シティ・オブ・エバレット」 1970年に就航した747の初期モデル。 この大きな機体を軽量で頑丈なアルミニウム合金や強化プラスチックなどを使って、強度を損なわずになるべく軽くしているのです。

19

このように世界ではプラスチックを減らす動きが加速しており、海洋プラスチック問題の深刻さと今後への影響、そしてプラスチックの大量生産・使用国としての日本の立場を考えるならば、日本は「憲章」の内容に合わせることでなく、その内容を十分に上回る取り組みを約束することが求められるといえるでしょう。 JA8964 -400D 「ANAポケモンジェット1999」• これは、「サーマルリカバリー」「サーマルリサイクル」「熱回収」といった呼称で呼ばれますが、プラスチック資源としての再利用を目指した取り組み(マテリアルリサイクル)とは根本的に異なります。 D-ABYT(レトロ塗装)• そして、前述しましたように、これらのプラスチックは自然界の中で、半永久的に完全に分解されることなく存在し続けます。

一部の航空会社では、-100型や-200型を改造して-300型のような胴体にしたところもある。 活躍 [ ] 747-100と 1月、パンアメリカン航空の-線に747が就航し、日本航空や、トランス・ワールド航空やエールフランスなど、初期に注文を行っていた他社にも次々に納入された。 N905NA がアメリカン航空から購入し、・を輸送するに改造された。

16