チンギス ハン フビライハン。 中国の歴史とモンゴル

魔法使いのバクシ フビライ・ハンに仕えて、マルコが毎日見たり聞いたりすることは、みなめずらしくすばらしい事ばかりだった。 フビライ・ハンの宮殿には、雪のようにまっ白い毛の馬が何万頭もかわれており、牝馬 (めすうま)だけでも一万頭以上いた。

9

私たち日本人の歴史にも残る「蒙古襲来」は、チンギスハンの孫によって行われていたのです。 杉山正明 『モンゴル帝国の興亡』 上・下、1996年。 」 とある。

12

また族はチンギス・カンを支えた名門で直属の部下に多くなっている。 同書巻下の『』に 「」も参照 6(1823)年に来日し、長崎のなどに多くの門弟を集めての発展に尽くしたが、によって同12(1829)年に国外追放となった。 その意味では「総合商社」にちかい。

9

しかも、元による侵略作戦そのものを払いのけた回数はなんと日本を上回る3回。 当時の知識人や白石も興味を示した• 義経生存説は日本の中世史から近代において何度も世間に囁かれている。 モンゴル人は「人間は死んでも、魂 (たましい)はけっして死なない」と思っていたらしい。

10

忽答罕皇后• 彼の子孫は「アルタンウルク(黄金の一族)」と呼ばれ、男系即位として皇帝が引き継がれていきました。

寛保 かんぽう 2年生まれ。 1 - 16(ドルヂスレン・ツェー著、小澤重男 訳「チンギス・ハーンの生れたデリウン・ボルダクは何処にあるか」『内陸アジア史論集』第2、内陸アジア史学会編 国書刊行会 東京、1979年、p. 『義経伝説と為朝伝説』P196• 参考 クビライとカアン・カンの表記 現行教科書ではフビライと表記されるが、杉山正明氏によれば当時のモンゴル語の発音では「クビライ」の方が近いという。

6

そして、これにあてはめられたのが、チンギス・ハンと同じモンゴル族のワン・ハンだった。

20