溶連菌 大人 仕事。 大人の溶連菌感染症の3大症状は?仕事の復帰時期、治療法を解説!

また、特徴としては、風邪などと違って咳や鼻水は出ないということもあるので、もしも上に書いたような症状が出ている場合は、溶連菌感染症を疑ってみましょう。

10

大人がうつるのは疲労などが原因で免疫力が弱っている場合が多いので、家族が溶連菌に感染した場合には自分の体調にも気を付けましょう。 溶連菌感染症に大人が感染した場合、症状の程度は、• 溶連菌の検査は簡単ですので、病院へ行けばすぐにやってもらえます。 一見そうは見えなくても、風邪気味の人や疲れている人は必ずいます。

16

病院にかかって治療することが必要です 溶連菌はのどの感染症ですので 耳鼻咽喉科にかかるのがいいです。 しかし企業によっては 感染症にかかった場合は医師の許可を得ない限り出勤禁止という就業規則がある ところもあります。

17

自宅では栄養のある食事を心がけ、消化の良い食べ物を選ぶと良いです。 薬の種類によって内服する期間は違いますが、よく使われるペニシリン系の薬ですと、10~14日間が内服期間となります。

溶連菌の潜伏期間は1日~1週間程度。 38度以上の高熱が出る• 繰り返しかかると発症確率が低いとされている恐ろしい合併症の確率が上がるだけなので注意が必要です。 社内に溶連菌の感染を広めてしまうリスクは十分に考えられますので、自分が発信源にならないよう感染した場合はお仕事をお休みするのが賢明な判断でしょう。

5

イチゴ 舌(下がイチゴのようにポツポツとなる)• 溶連菌だとわかったら仕事を休むこと これはいつもの風邪と少し違うなと思って、病院で検査をしたら溶連菌だった。

11

健康な大人なら免疫力により感染はしませんが、気づかない程度の風邪気味の人や、なにより職場ですのでもちろん疲れている人はいて、そんな弱っている人にはあっさり感染してしまいます。 溶連菌感染症は風邪と違って細菌に感染して発症する病気なので、 抗生物質を飲まないと菌がなくなることはありません。

5