推し が 武道館 いっ て くれ たら し ぬ。 推しが武道館いってくれたら死ぬ(7)【電子限定特典ペーパー付き】(最新刊)

また複数の書店では共通メッセージペーパーを展開し、電子書籍版にはメッセージペーパーのデータが収録。 似ているようで同じではないこの関係は基本的にアニメオタクである美結がえりぴよを圧倒しています。 えりぴよのバレンタイン 結局寝付けなかったので、 見てた。

20

『先月、初めて前列で踊ったところは見てもらえなかったけど、もっと大切な始めてを・・・』 「舞菜」の前列ライブを初めて知った「えりぴよ」 喉が切れていることも忘れて、声を大にして叫びました。 一方で、基の妹・玲奈が舞菜のファンであること(「玲奈」の項参照)が判明したときには、やっと舞菜のよさを分かってくれる人物が現れたとたいそう喜んだが、握手会で玲奈には自分からにこやかに話しかける舞菜を見て「私以外に笑いかける舞菜を見るの いやだ」と複雑な心境を独白する。 過去に対するスタンスはグループ内でも差異があるもよう。

11

セクシー担当のお姉さん。 『いつか舞菜が武道館のステージに立ってくれたなら…死んでもいい!』 そう断言する伝説の女・えりぴよのドルオタ活動は、アイドルもオタクも巻き込んで今日も続く…! <スタッフ> 原作:平尾アウリ(徳間書店 リュウコミックス) 監督:山本裕介 シリーズ構成:赤尾でこ キャラクターデザイン:下谷智之、米澤優 CGディレクター:生原雄次 色彩設計:藤木由香里 美術監督:益田健太 美術設定:藤瀬智康 撮影監督:浅村徹 編集:内田恵 音響監督:明田川仁 音響効果:上野励 音楽:日向萌 アニメーション制作:エイトビット <キャスト> えりぴよ:ファイルーズあい 市井舞菜:立花日菜 五十嵐れお:本渡楓 松山空音:長谷川育美 伯方眞妃:榎吉麻弥 水守ゆめ莉:石原夏織 寺本優佳:和多田美咲 横田 文:伊藤麻菜美 くまさ:前野智昭 基:山谷祥生 玲奈:市ノ瀬加那 2020年放送作品 全12話. 収入の全てを推しに貢ぎ、24時間惜しのことを想い、声の限りを尽くして推しの名前を叫ぶその姿はオタク仲間の間で伝説と呼ばれ、ダレモが一目置く存在となっていた。

1

2018年5月19日閲覧。 眞妃の願い またしても眞妃ちゃんゆめ莉ちゃんの尊さが限界突破してます…。

13

アイドルを主人公にではなく ファンを主人公にした一風変わったアニメになっています。 えりぴよのSNSでの怒涛のツイートがフェス出演でナーバスになっていた舞菜の気持ちを和らげてくれた。

本作の内容でデザインを下品な方向にしたら目指すべき作品から大きく脱線する可能性があったため、端正なデザインが描ける下谷が起用された。 努力家だけありダンスの技量は高い。

18

12話「推しが武道館いってくれたら」 いよいよ迎えたせとうちアイドルフェスティバル。 眞妃と非常に親密である。 最終回はえりぴよと舞菜()のデュエットとなった。

14