サンデー サラブレッド。 【サンデーサラブレッドクラブ2020】1歳募集馬評価・おすすめ・価格、厩舎無リスト発表

レースでは直線に入りとのとなったが交わせず、アタマ差の2着に敗れた。 のやののように日本国外に進出するような予定はないが、世界的にみてもかなり大きな競走馬生産牧場集団である。 長男の照哉氏は社台ファーム代表、次男の勝己氏はノーザンファーム代表そして、三男の晴哉氏は追分ファーム代表と善哉氏の資産は3人の兄弟で分割された。

15

また気性が激しく、扱いの難しい馬であった。 その結果、近年のの競走には社台グループの牧場で生産された馬が多数出走しており、日本の競馬界は社台グループがその中心となっている。

9

また、吉沢はサンデーサイレンスが種牡馬としての中期・後期においてスケールの大きな産駒を出したことについて 、「初期の代表産駒において例外的にスタミナ・成長力に長けていた」という、スペシャルウィーク両馬の母の父が、この2つの能力を産駒によく伝えて欧州の長距離界を席巻していたの馬で共通していたこと 、また母の父としてサンデーサイレンスとの相性が良かったトニービンがその血統内に「前時代的な欧州の古臭いステイヤー血統の種牡馬」を従えていたため 、特にがこの2つをヒントにサンデーサイレンスの配合相手を欧州系の繁殖牝馬にスライドしていったことが尻上がりの種牡馬成績を呼び込んだとしている。

10

特徴・評価 [ ] 産駒の精神面 [ ] サンデーサイレンスの産駒は気性が激しい馬が多いことで知られた。 しかし、社台ファームとノーザンファームとは同じグループ内で中央競馬の世界で争うことになり、限られたパイの食い合いになることが懸念された。

15

歴史 [ ] サンデーサイレンス(2000年9月、社台スタリオンステーション)• 優勝ゼッケンの提供:愛馬優勝時、騎手のサイン入りの優勝ゼッケンの提供• 種付け料は初年度は1100万円でスタートし、3年後は800万円まで下がったものの、初年度産駒の活躍以降は高騰を続け、2500万円(不受胎8割返金条件付き)にまで上がった。

4

時代遅れ感が…。

4

com、2016年4月4日閲覧• 1998年にはヨーロッパに生産拠点を置くのが何頭かの繁殖牝馬を日本に送り込んでサンデーサイレンスと種付けさせ、翌年誕生した産駒の内の一頭のサイレントオナーがイギリスのG2・チェリーヒントンステークスを優勝した。 遅れて、追分ファームに対応してG1サラブレッドクラブができた。