ママ エンジェルス。 今のヤバい日本をママたちのチカラで簡単に変えていく方法

ユレナさんが実際やってきたからこそ伝わるものが多いのだと思います。 しかし、 企業や病院の利益が 市民に還元されない時代が続き、 そのバランスは崩壊しています。

13

人生をかけて取り組む何かがあるんじゃないか・・・」 「俺は、こんなもんじゃないはずだ。 「私がやらずして誰がやる」と思わせてくれる「何か」があるはず・・・。 変なニュースを見たもんで体内と脳に毒が回ってしまったw たった今、脳と、身体に入った毒の排出が終わりました😁もう大丈夫😘😘😘🤣🤣🤣🤣🤣 「最大の悲劇は、悪人の圧政や残酷さではなく、善人の沈黙である。

そこに気付いてから、多くのママたちが自ら動き始めました。 平山さんは、元自民党副総裁の川島正次郎氏を大叔父に持ち、実際に日本の政治を動かしてきた家柄の出身という経歴をお持ちの方です。 各国の所得補償や国内自治体の事例を挙げながら、各世帯への現金給付、家賃支払の延期、公共料金の支払い延期、授業料の納付延期と学校法人への無利子貸付、コロナ対策に従事している医療関係者への特別手当の支給などを提案しました。

12

少し前までは、わたしもあなたと同じように、そんな実感など微塵も有りませんでした。 もうおかしくて笑いが止まらなくて身体が火照って毛穴から血と汗が吹き出るよ。

12

激動の時代はもう始まっている!今あなたは何をすべきか? 「私の人生、こんなのじゃないはず。

これらへ批判を繰り返す時代とは 別れを告げ、 私達自らが具体的に、政府、県庁、 市役所、企業、医療機関、教育機関などと 協力し合い、行動してゆきましょう。 平山さんによると、日本の戦後復興の中心を担っていた川島正次郎氏をはじめとした政治家の方々は、日本の輝かしい未来の為に尽力したのであり、今のような市民が苦しむ日本を作り出す為に力を尽くしたのではないとのこと・・ 大企業や大きな団体だけが利益を享受する、そんな仕組みを壊し、市民が豊かに暮らせるようになる社会の作り方を教えてくれたのが『日本の変え方マニュアル』だったのです。 2600万人というのは現在の政権の得票数であり、それを上回ることで市民による政権を樹立させることが一つの目標です。

けれど、そんな自分の意識が180度変わることになる出会いがありました。