文豪 ストレイ ドッグス キャラ。 『文豪ストレイドッグス わん!』キャスト情報第2弾が公開

国木田は、結果的に捜査員を死なせてしまったことへの責任感から、《蒼王》の自爆行為によって父親を亡くした六蔵を情報屋として雇う傍ら、亡くなった彼の父に代わって世話をしていた。 その後別の人物を自分に偽装して塔の上から落とし、自分が死んだように見せかけた。

4

好きな物は、、、、酒。 小説を書いており、その小説を渡すことで、暗殺者時代の織田作に殺しをやめさせた。 超推理(ちょうすいり) 事件の情報を聞き、福沢からもらった眼鏡をかけるだけで事件の真相を解明する。

15

能力名はキャラクターと同名のアメリカの文豪、F・スコット・フィッツジェラルドの長編小説『』から(ギャツビーは人名である)。

14

誕生日:1月10日。 探偵社員達のまとめ役のような存在。

15

展開出来る亜空間の範囲は広大で、「七人の超越者」級の強力な異能者であることが言及されている。 福沢が襲われた事件の首謀者がドストエフスキーであることにいち早く気付き、彼と接触するも狙撃され治療を余儀なくされた。

6

彼がこれを異能だと信じ込んでいたのは、自分が特異ではないと思いこみ、世間と自分との間にある齟齬に押し潰されそうだった彼を救うべく「お前のそれは異能だ」と述べた福沢の言葉からである。 常に冷静沈着で、その時点の状況における最適解を導きだすことが出来る人物ではあるが、12歳以下の幼女が好きなでエリスを溺愛している(本人曰くエリスは「妻」とのこと)。 嫌いな物は犬、、。

2

なお憎んでいた孤児院の院長が巻き込まれた交通事故の調査で、彼の真意を理解した時は涙を流した。 能力名はキャラクターと同名の文豪、坂口安吾の随筆から。 その後、異能特務課に研究のため一頁だけ切り取られて保管されていた 白紙の文学書の力により、武装探偵社は犯罪組織、 天人五衰に仕立てあげられる。

9

フョードル・ドストエフスキー 詳細はを参照。 一人称は「儂(わし)」で時代がかった口調で喋る。 能力者が複数人集まって異能を扱う仕事を合法的に行う場合に必要となる。

福沢の過去も見抜き、福沢に「本物だ」と言わしめたほど。

9