多勢 に 無勢 と は。 「多勢に無勢」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

しかし、人数は多いに越したことはありません。 2020-12-10 20:02:07• 無理に抵抗せず、逃げて対策を建て直すのが無難でしょう。 「多勢に無勢」の類語は「衆寡敵せず」 「衆寡敵せず」は「人数の上では、多人数に少人数は所詮かなわない、相手にならない」という意味の言葉です。

2

そもそも「多勢」は「大きな力」や「大きな勢力」を意味する言葉ですが、たとえ少数でも「多人数に勝てるかもしれない?」という場合があります。 「多勢に無勢」の類語と反対語は? 「他詠に無勢」と似たような意味を持つ言葉はあるのでしょうか?類語とあわせて対義語を紹介します。 インターネットが大幅に普及し、特に深刻な社会問題となっているのが「ネットいじめ」です。

19

通常ドラマでは少数が多数を打ち破る子も珍しくありませんが、通常多勢に無勢の場合は勝ち目がない状態を指します。

19

寡は衆に敵せず かはしゅうにてきせず :多数と少数では戦いにならないということ。 多勢に無勢の由来 多勢に無勢の由来は昔にさかのぼります。

1

多勢に無勢の意味とは 多勢に無勢は「人数差・勢力差があまりにも大きく、太刀打ちできない」という意味です。

12

0人相手なら不戦勝・不戦敗になってしまいます。

13

古風な響きのある言葉ですが、そもそも鎌倉時代に足利義輝が松永久秀率いる軍隊に攻撃された時、一人で名刀を次から次へと替えて戦ったが、あえなくやられてしまったことが由来とされています。 多勢に無勢というけれど、あの大軍には勝てないだろう。

1

10