エヌ ボックス マイナーチェンジ 2019。 12月24日にマイナーチェンジ!ホンダの軽乗用車「N

そういった時は全高がより高い方が便利です。 マイナーチェンジ後では、グリル中央にクロームメッキをあしらうデザインに変更されより高い質感をもたらすデザインとなっています。

15

他に、カスタムでは、シート素材がファブリック素材と革素材のコンビシートになっているのが分かります。 新N-BOXのインパネ 今回のマイナーモデルでは、2017年のフルモデルチェンジ以来初めてとなる内外装のデザイン変更と新ボディカラーの追加、装備の充実化が盛り込まれています。

新型N-BOXカスタムのシーケンシャルウインカー また、 新型N-BOXカスタムにはトヨタのC-HRやハリアー、レクサスのLXやRXに搭載されているシーケンシャルウインカーが標準装備されました!ホンダだけではなく、軽自動車では初めてのシーケンシャルウインカーですので人気が出ること間違いありません。

16

文/遠藤徹 写真/ベストカーWEB編集部 2017年8月31日に発売されてから丸2年でマイナーチェンジ(写真はマイナーチェンジ前のモデル) 「軽四輪車新車販売台数で4年連続、登録車を含む国内総合新車販売台数ランキングでは2年連続で第1位を獲得しているN-BOX。

14

インテリアは安心感を与えるようなダークブラウンへ刷新し、ホワイト加飾やシート表皮を引き立てるよう深化させました。 N-BOXのマイナーチェンジは2020年の12月• この仕様は先代にはなく新型からの試みですが、スーパースライド仕様には運転席と助手席にスキマがあり、ベンチシート仕様とスロープ仕様にはスキマがありません。

ダイハツ タントやスズキ スペーシア、日産 ルークスなど他社のライバル車も多く、いま最も注目される激戦区の中心に位置する1台だ。 運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。 その他、新型N-BOXでは、安全装備に後方パーキングセンサーを全車採用。

同じカテゴリーのダイハツ・タント、スズキ・スペーシアとの販売競争が繰り広げられている中、今回のマイナーチェンジで商品力強化を図り、ライバルを突き放す構えです。 これは、内外装のカスタムにより車両重量が増えたことによるものと考えられます。 ホンダが、軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」のビッグマイナーチェンジ発売を発表しました。

14

また、ショッピングモールなどの大規模駐車場に止めると、自分のN-BOXがどれなのかわからなくなってしまう、などの問題もあるそうです。

4

またフロントのデザインを従来よりもスクエアなラインにし、ナンバープレートをセンターに配置することでロー&ワイドな雰囲気を醸し出しています。

6