汎用 性 意味。 「汎用性」の意味とは?類語・対義語や「凡庸性」との違いも解説

カタカナ語では気軽に使える「オールマイティー」ですが、英語ではかなり強い意味になるため注意が必要です。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。

12

また一般的に、「高い・低い」「ある・ない」をつけて用います。 読み方も意味も、さらに「汎」と「凡」で漢字までも混同されがちなので、違いを覚えてきちんと使い分けましょう。 よく見受けられる間違いとしては、「ぼんようせい」といったものがあります。

9

読みは「はんよう」。 意味は、「平凡で特に優れた所のないこと」「取り柄がないこと」です。

20

「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。

8

1つの物をいろいろな使い方ができるという意味では「汎用性がある」を「応用性がある」とも言えます。 「凡」「庸」それぞれに「普通、平凡」という意味がありますので、この二つを重ねた「凡庸」は「平凡」の意味の言葉となりました。 主にビジネスシーンにおいては、商品の特性をプレゼンテーションするような際に「汎用性」という言葉を用いられることが多いとされています。

15

一つのシーンのみならず様々な場面において兼用して使うことのできる商品は、今や当たり前となっているのかもしれません。

10

「汎用性が高い」といった場合は「色々に使えて便利」というような意味になります。

以下のような機能をコンパクトにまとめた道具です。 「汎用品」といった場合は前記の意味の他に、機器メーカーなどが自ら販売する純正の部品や消耗品以外の、他社が提供する互換製品のことを指す場合もある。 「portably」とは「携帯可能な状態で」という意味ですが、転じて「汎用性」としても使えます。

9

「への最も汎用性のあるアクセスができます」という文章を英文にすると、「It is most portably accessed asos. さまざまな事に広く利用できるという意味を持つ汎用性とは、反対の意味を持つ言葉です。 「転職すると給料が下がる」• 「凡庸」の「凡」は「普通」などを表し、「庸」は「平凡」や「つきなみ」を意味しています。

12