不躾 意味。 「不躾(ぶしつけ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

「不躾ながら」とその他の言い換え表現 ビジネスシーンでよく使われる「不躾ながら」の意味と、その言い換え表現をいくつか紹介します。 「不躾なお願いで申し訳ありません」のように、自分の行動をへりくだって伝えるときに多く使われています。 代表して演説や挨拶をする際の冒頭で「僭越ながら」を使うとよいでしょう。

7

そんなに立ち入ったことまで聞くのかと相手が思うことを想定しています。

「不躾とは存じますが」の代わりに「失礼ながら」と言い換えることが可能です。

5

相手に手間をかけてしまうお願いや、急になってしまうといったニュアンスです。 ビジネスや就職活動、メールでの質問に対してどのような使われ方をしていてどのように使えば失礼に当たらないのかと言うところに焦点をあてて解説をしてきます。 今回の計画には杜撰な箇所が多く、とても成功するとは思えません ・不躾ながら、あえて言わせていただきます ・不躾ながら、お願いがひとつあります 例文2「不躾なお願いですが」 「不躾なお願いですが」とは、「失礼を承知でお願いをしたい」という気持ちを表しています。

「人に不快な思いをさせる人」または「無作法な人」という意味で、人を評価する際に用いられます。 もともとの意味を辿ると、「僭越」は「高慢」や「傲慢」に近い言葉であり、「不躾」のような否定的ニュアンスとは少し異なります。 そのため連発すると相手には開き直りとも受け取れます。

11

「僭越ながら」は、「不躾ながら」の類語としてほぼ同じ意味で使うことができます。 予めご了承ください。

4