行政 書士 難易 度。 行政書士の難易度を他資格と徹底比較する【偏差値別で見る】

とても簡単でタスクの見える化をするだけです。

6

7%)のが特徴です。

19

ふつうに考えたら、危ないから自己防衛で枝を切ってもいい気がしますよね。

2

資格取得後に独立開業したいのであれば行政書士が向いていますし、 資格取得後にどこかの企業や事務所で働きたいなら中小企業診断士の方が向いていると言えます。 大変ではありますが、取得できるとさまざまな活用が期待できます。 独学はすべてを自分で決めることから、 計画的に勉強が進められる人にぴったりの方法です。

9

行政書士の合格率の推移 年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率 H18 88,163 70,713 3,385 4. 実際、独学で何度か不合格になったために通信講座や予備校の授業を受講し、無事に合格したという方はネット上でも沢山いらっしゃいます。

6

行政書士は 社労士よりは簡単で、宅建士よりは難しい資格です。 勉強を初める前に 自分が本当に合格まで頑張り続けることができるかどうかもしっかりと検討することも重要だと言えるでしょう。 これらの科目から行政書士の仕事に関係した内容が出題されるのですが、 この科目数の多さが行政書士の試験を難しいと思わせている大きな要因の一つです。

行政書士と宅建士の出題形式と問題数の違い 宅建士と行政書士とでは、どちらの方が難易度が高いのか? 次に、試験制度を比較してみましょう。

5

参考:. 合格率は10%弱~15%で、法律系資格の中では比較的高い• 関連記事 行政書士の科目の中で勉強時間がかかる科目は民法と行政法 効率的に合格を狙うには配点が高い科目である行政法(76+16+20点)と民法(36+40点)の科目を中心に勉強することです。 5.行政書士試験は難しすぎるのか!? 行政書士の受験者層は幅広く、試験が難しく感じる方も多いと思います。

17

企業に勤めるとなると最低年収は保証されるので、全体的な平均年収は上がりますが、独立開業するとなると年収はその人の能力次第になるので稼げる人と稼げない人の差が大きく、年収が二極化してしまいます。

8