フィオナ アップル。 Chara、フィオナ・アップルを語る「このアルト・ヴォイスを聴きなさい」

ボブ・ディランとフィオナ・アップルは1998年に開催された第40回グラミー賞授賞式で一緒に写真が撮影されている。 伝えられるところによるとソニーはその完成品に関心を示さず、2年以上にわたってこのプロジェクトをお蔵入りにした。 、フィオナ・アップルのデビューアルバム『』(Tidal)がソニー傘下のレーベルからリリースされる。

8

思えば、かつて、僕が女性に対して偏向的に抱いていた平和ボケでメルヘンチックな考え方や、ファンタジー的な眼差しを、粉々に打ち砕いたのはフィオナ・アップルだった。

10月13日、 ホールC• 今から24年前に1stアルバム『タイダル』で衝撃的なデビューを果たし、その後もマイペースながら良質なアルバムを作り続けてきたフィオナだが、何せ前作『アイドラー・ホイール』からは8年ものブランクがあり、若いリスナーの中には彼女の存在をあまり知らない人も多いのではないだろうか。 さらに BTSや ハリー・スタイルズといったポップス勢も、ロングセールスを続けて高評価ながら、 主要4部門からは漏れている。

5

3週間ほどレコーディング作業を続けたものの、あまり成果は上がらず。 フィオナ・アップルは12歳の時、の前日に学校から母のアパートへ帰る途中の被害に遭う。

2000年• タイトルである『Fetch The Bolt Cutters』とはイギリスのTVシリーズ『The FALL 警視ステラ・ギブソン』でゲラン・アンダーソンが演じた性犯罪を取り締まる警察官のセリフから着想を得たそうで「声を上げることを恐れないで」という気持ちをこめたとThe New Yorkerの独占インタビュー内で語っている。

6

や(デイヴ・ナヴァロはフィオナの楽屋の壁に血染めのラヴレターを書いた。

1

フィオナ・アップル。 ちなみに「メタクリティック」でも 89点と高得点。

13

この曲は全米チャートでトップ40にランクインし、物議を醸した監督によるミュージック・ビデオを中心に大きな注目を集めた。