火垂る の 墓 放送 されない シーン。 全て実話だった!【火垂るの墓の都市伝説・裏話】

これにより、自分より先に天国へ旅立った節子が寂しい想いをしないよう「 自ら死を選んだ」とも言われています。 その結果、「サクマ式ドロップス」と「サクマドロップス」というそれぞれが商標をとるといった結末で終結したようです。 「火垂るの墓」は駅構内で力尽きて亡くなった清太の描写からスタートします。

13

これは戦後60年のスペシャルドラマとして日本テレビが制作したものだ。

19

実は、清太と節子が幽霊になってしまったというのは本当で、高畑勲監督もこの件に言及しています。 現に清太が他人の食べ物を盗もうとするシーンが何回か出てきたので、兄妹は 飢えが原因で亡くなったという説は信ぴょう性が高そうです。

18

しかし、2018年にも放送されているので放送禁止とまでではないようですね。

18

その理由は、 ドロップ(サクマドロップ)の商標権が絡んでいるとのことで、なんでも子会社と裁判を起こしたほど問題になっており、「サクマドロップ」と「サクマ式ドロップス」に分けられました。 これは余談だが、昔は放送規制がそこまで厳しくなかった。 そこから永遠に抜け出せないとなると、まさに悪夢のような話になっていると言えるのだ。

15

そのような経緯があったことから、むしろポスターの明かりが 全て蛍に見えていたことに逆に驚いたとも語っています。 節子が亡くなる直前のシーンにも、ドロップを食べたくておはじきを口に含んでいたという悲しいエピソードが描かれ、「火垂るの墓」の中でドロップは重要な役割を果たしています。

6