ユースビオ 韓国。 アベノマスク供給元、最後の一社が判明 「ユースビオ」なる会社、実態はプレハブ、登記情報なしで暴力団が絡んでる可能性。 [金の玉★]

山形県の方は早くて、健康福祉課だったかが「ウチの予算で購入したい」って名乗りをあげたんですよ。 ユースビオとはどのような会社なのか? インターネットで検索しても、ホームページはおろか、連絡先も出てこない。 同社と厚労省は契約の詳細を明らかにしていないが、関係者によるとマスクの単価は約130円、契約枚数は350万枚程度とみられる。

20

5月にかけて更に布マスク1億枚を確保する目途が立ったことから、全国で5000万余りの世帯全てを対象に、日本郵政の全住所配布のシステムを活用して一住所あたり2枚ずつ配布予定。 耳のところはゴムではなく布なので、洗うと伸びてくると思いますよ。

15

2021年2月4日、バイデン政権が全国民にマスクの配布を検討しているとNBCニュースが報じた。

3

経産省主体でやった。

16

「USE」は有益な・使える。 信用調査会社などによると、同社はバイオマス発電向けの木製ペレットの輸入会社。

3月上旬、福島県から「調達は国一括となった」と連絡があり、経済産業省などにサンプル品を送り、納入が決まったという。

13

移動するな、人に会うなと言われている時期なので、おやめになった方がいいんじゃないかなと思ってます。

そのなかのMを選んだのは厚労省さんです。