ネットワーク エンジニア。 未経験から目指せる?ネットワークエンジニアに必要なスキル8つ

その中で、ネットワークエンジニアは今後も需要が高く、将来性のある職業と言えます。 3年から4年程度が一サイクルになるのが一般的で、一つの機器を10年も使えることはまずありません。 ネットワーク運用や保守の工程において、利用者のトラブルに対応することもネットワークエンジニアの仕事の1つです。

19

この記事を監修してくれた方 太田和樹(おおたかずき) ITベンチャー企業のPM兼エンジニア 普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。 そのため、アクティブで体力に自身がある人が向いているでしょう。

16

また、ネットワークエンジニアとしての目標や、こういうエンジニアになりたいなどの具体的なビジョンがあるとなおさら良いでしょう。 2021. 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 そのほかにも、配線を確認するなどの作業や、サーバーにトラブルが起きたときにすぐ対処しに行けるようにフットワークの軽さも重視されます。

18

導入する機器の種類や製品・メーカー毎に、カバーするセキュリティ範囲が異なっていたり、それぞれの設定の癖などがあるため、これらを把握してセキュリティホールをつくらないように機器構成を考えて設定する必要があります。

未経験からネットワークエンジニアになるには、幅広いスキルと知識を身につける必要があるため、短期間で上流工程を担当するネットワークエンジニアになることは少々難易度が高いかもしれません。

11

技術者認定(等)• 加えて、ネットワークセキュリティに関する知識やスキルを習得しておくと、より市場価値の高いネットワークエンジニアになれるのでおすすめです。

エンジニアの経験がないITコンサルタントはありえません。 中小・大企業など規模を問わず幅広く行われている。 基本設計は以下に分類することができます。

10