安倍 政権 最新 支持 率。 内閣支持率「27%」だけじゃない、“安倍政権は倒れる寸前”を表す2つの数字! “青木幹雄の法則”でも危険水域に|LITERA/リテラ

安倍マフィアは訳わからんことをまくし立てる。 加計学園理事長と首相の面会否定について「納得できる」としたのは20%(できない70%)、森友問題の決着について、「決着した」と回答したのはわずか18%(していない75%)にとどまっている。 先月28日、安倍総理は持病の悪化を理由に辞任表明しました。

夜のとばりが降り、見知らぬ人から電話がかかると気持ちは穏やかでない。 その一方、感染の拡大は加速し、医療現場の病床逼迫や医療従事者不足は危機的状況に。 なので、現在の安倍内閣支持率決定方法に"ひそむ"問題点について、さらに詳しく見ていきたいと思います。

たとえば、コロナの感染拡大前の今年2月調査の安倍内閣の支持率は読売が47%に対して朝日は39%(毎日は調査なし)。 新聞社は不正を防ぐために以前は調査員の募集から教育まで自社で行なっていた。 (ちなみに、テレビ局の中でNHKだけが電波使用料の額が多いのは、使用するチャンネル数が多いのが理由とのことです。

71%が、安倍首相の実績「評価する」 朝日新聞社は。

6

読売が固定から535人、携帯から543人の計1078人。 特に、首相退任後も影響力を残したい安倍氏にとっては、東京五輪・パラリンピック後に総裁任期途中で退陣し、党政調会長に禅譲することが基本戦略とされている。 (逆に言えば、やろうと思えばいくらでも偏った結果がでるような世論調査にすることも可能だし、印象操作や、極論を言えば世論調査自体を行わず捏造した嘘の数字だけを発表する…そんなことも可能なわけです。

拉致問題について「期待できる」と回答したのは32%(できない60%)。 現に、菅首相は11月26日、ぶら下がり取材で「勝負の3週間」と宣言しながらも、記者から飛び出した「GoToトラベル」にかんする質問を無視して立ち去ったが、その「勝負の3週間」から2度目の週末となった昨日6日、東京近郊の観光地では先週より人出が増加。

テレビ局の「電波利用料」が「携帯電話会社」に比べて異様に低い数字になっていますよね。

7