無碍 に する。 【無下】と【無碍】の意味の違いと使い方の例文

融通無碍の姿勢を通したからこの企画はうまくいったのだと思う 例文5. 無下と無碍の英語表記の違い 無下を英語にすると「squarely」「flatly」「completely」となり、例えば上記の「無下に拒絶した」を英語にすると「squarely refused」となります。 「無」は「〜ではない、〜はしない」を意味します。 さわりのなくなった世界ということです。

20

「むげ」と読みます。 人生の目的とは、私たちは何の為に生まれてきたのか、何の為に生きているのか、苦しくてもなぜ生きねばならないのか、ということです。

18

「 菩薩」とは、仏のさとりを求めて努力している人ですから、 「 菩薩」の上が「 諸仏」です。

なぜならば、阿弥陀仏から救われ、真実の信心を頂いた人には、 天地の神も敬って頭を下げ、魔の世界の者、真理に外れた道の者も さまたげることはできないのです。 「無下にする」とは、「冷たくする」「すげなくする」と言う人の態度を表した言葉です。 一切諸仏の身、ただこれ一法身なり。

4

1つの考え方や行動にとらわれずに、自由な発想で良い行動をしているという、良い評価で使われることが多く、自由気ままに、協調性なく行動していることを指すことは、少ないでしょう。

12

ではどうすれば無碍の一道に出られるの? 念仏者は無碍の一道なり。 神力、衆会、仏法、法住、かくの如き等の事みなことごとく同じからず。

13

例えば、「彼は詳細については融通無碍な考え方をする」という文を英語にすると「He makes a flexible thinking about details. 闊達無碍 などとなります。 まことに知んぬ、少善根にあらず、これ多功徳なり。 非難攻撃してくる人は全くさわりとはならないということ。

2

本来は仏教用語から来ているのですが、大きな視点で物事を見る融通無碍本来の言葉の意味合いは世俗的ではないため、個人の視点から都合がよいという意味合いで融通という言葉が使われているのでしょう。 「無下」の意味は、• 「無碍」は「障害がない」という意味ですので、「融通無碍」は、障害がないほどつながりあって、お互いに影響を与えることを表現しています。