Lv2 から チート だっ た 元 勇者 候補 の まったり 異 世界 ライフ。 Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 電子書籍

「ガンテツは、ホントカルシームとチャルンの事が大好きだね」 リビングに座り、その様子を見つめていたフリオは、その顔にいつもの飄々とした笑顔を浮かべていた。 「……そうか?」 金髪勇者は、ナターシの声とは裏腹に、森の一角をジッと凝視していた。 一方、魔王城では、新魔王ドクソンの花嫁候補として何人もの女性が手を上げた結果、料理対決が開催されることに。

19

そう言いながらも アイリステイルに告白するでもなく、ただ毎日アイリステイルを観察しているだけの2人であった。

3

魔導船の定期便で世界各地を結び、人や物の往来を活発にすることを目指すフリオ。

彼は他の生き物の言葉と心が分かる魔法猫。 (紙の書籍ではありません)• だが、2人は 「ヤ! ハナキライ!」 「ヤーノ! ガリルハハナノモノ!」 ガリルの言葉などお構いなしに言い合いを続けていたのだった。 ネズミのくせして曲芸を披露するサーカス団。

ただ、同じ種族として今後は今まで以上に親密なお付き合いをお願いしたいと申し出て、即座に却下されただけだ……そう、却下……うん、却下……」 自分で言いながら、徐々に落ち込んでいくサジッタ。 ご安心を」 洗濯を終えてリビングにやってきたチャルンもまた、カルシームの背のガンテツに向かってニッコリ笑いかけていく。 そんな2人に、蜘蛛男は自分が身に付けているコスチュームを指指しながら、軽い感じで言葉を続けていく。

カブトムシに転生した事に狂喜乱舞する中、彼の目の前に自らを生み出した存在、魔王が現れる。

18

「よし、今のうちだ!」 金髪勇者は、一気に加速し雪と氷の森の中へと逃げ込んでいった。 その時だった。

11