夢野 久作。 夢野久作(文豪ストレイドッグス) (ゆめのきゅうさく)とは【ピクシブ百科事典】

接客中に倒れ,47年の生涯を終えた。

夢野久作の名言 「胎児よ。 どこまでが虚構で、何が真実なのかがわからなくなり、もうすべてが虚構でできているのでは、と思わせる不思議な世界観です。

5

大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)252頁• 2014年、夢野久作が父親の葬儀のために福岡に戻った際(1935年)の様子を撮影したモノクロ動画が発見された。 よって、ここでは外面上に出た特徴を記すに留める。 発表の舞台が『新青年』であったため推理作家という分類をされているが、彼の作品は論理的な推理小説とはほど遠く、いずれも怪奇幻想のファンタジーで、しかも達意な文章と非凡な構成力に特色がある。

8

『』も全体の半分以上が書簡体形式によって構成されている。

20

いまや危険なのはキャバクラやホストクラブではなくて、家庭のほうなのである。 こんなに早く戸田君が亡くなるなんてと思いながら話したので、あの繊細で鋭く、切断と陰影に充ちていた戸田君のエディトリアルデザインを偲ぶのが痛ましかったが、せめてブックデザインやエディトリアルデザインのことがもっと世の中の話題にのぼるようにとの思いで、あれこれ話した。

1

(新字新仮名、作品ID:2138)• 現在でも多くの人に親しまれ、その文章のボリュームの多さと内容の深さは時たま話題となることがあるのです。 小さなチイが大人たちのかかえる難問を解決していく様子は読んでいてとても爽快感があります。 夢野久作は作家デビューした年(1926年)に、精神病者に関する小説『狂人の解放治療』を書き始めた。

6