ミミッキュ トリル。 【剣盾S3使用構築】尻尾すり替え+トリル展開鈍いカビゴン【最終13位】

コータス 70-85-140-85-70-20-470 ひでり、メガネ、先制ふんかの火力はヤバいです。 (後述しますが状況が変わったのでドレインパンチもかなりの確率で採用されます。

11

鈍いを積み眠って全快した後して殴っていく。 電磁波やトリックルームと違い、たとえ相手が非常に素早いポケモンだったり、相手にトリックルーム持ちがいた場合でも関係なしに強制的に後攻にさせることができる点が強力な型ですね。 同速負けを1回しかしていないためもしかしたら効果があるかもしれない。

4

シンプルだけど受け回しに対してそれができるだけのスペックがあるのがこの構築の強みでもあるので、受けに来る相手は無理やり押し通す。 前回のパーティー詳細はこちらに書いています。

9

特にHシーンとの相性が良く、従来のエロゲでの演出と比べて抜き性能に優れています。 この構築には基本選出と呼べるものはなく、相手のパーティを見てから選出をその都度考えるため他の人にとってはすごく使いづらいと思います。 選出パターン 1-1. 2霊Zで木の実発動調整。

7

とってもうれしかったです!!ありがとう!!. ・ 影うち タイプ一致先制技。

18

おにび 素早さを活かして上から物理ポケモンを妨害できる。

2

実況者ではないようなので解説はありません。 また炎技には追加効果の火傷も期待できる「炎のパンチ」を採用した 「羽休め」を連打してくるアーマーガアやの「化けの皮」を剥がす際に燃やしたこと多数。

4

「きあいのタスキ」や「がんじょう」と違って、「ステルスロック」や天候ダメージで潰されない。 アッキのみを発動させることで、「ばけのかわ」が消えた後の物理耐性を上げています。

12

アイアント こちらが物理主体であり、アイアントへの打点も少ないのでちょっときつい。

20