シマノ コルト スナイパー xr。 コルトスナイパーXR 106M/PS ファーストインプレッション

元来の3ピースは並継が多いですね バットガイドは本気で地磯に持込めそうな印象のオーシャンガイド MNガイド。

変則3ピースを採用し、高バランス化を実現。

2

・パワーを上げたら今度はエクスチューンと被ってしまい価格の高いエクスチューンが売りにくい。 そのため、タックルを充実させることで、ショアジギングでさらに安定した釣果が望めます。

僕の経験上、従来モデルであればコルトスナイパーのMHで地磯で10kg前後がヒットしたら 「ガイドの大きさから使用できるラインを想定すれば10kgは無理」 「足元でのカウンター回避や取りまわしなども含めるとロッドのパワー的に無理」 だと思います。 地磯や沖磯から10キロクラスのブリ、ヒラマサを釣るなら6000番以上は絶対に必要になってきます。 プラッギングスペシャルは他に106M、106Hがあります。

1

こんにちは、去年の暮れから本格的にショアジギングを始めたHAJIMEです。 なので巻きの釣りはともかくジグをしゃくったときのフィーリングは僕にとってはストレスでした。 実際に青物を釣ってみた使用感 この魚がコルトスナイパーXRの記念すべき1匹目です。

19

どちらを選ぶかはグリップ形状やリールシート位置などデザインの好みでも分かれるかもしれません。 ガイド数は8つで前モデルの3ピースロッドより一つ増えました。 やはりキャストを繰り返していると、メインでは無いダブルロックのスクリューが緩んできます。

5

30g 前後から100gを超えるメタルジグ&プラグに適応するMLからXHパワーまでの豊富なラインナップ。

16

高精度のキャストと操作性、大型青物とのファイトでは安定したリフトパワーを追求。