銀行 振込 領収 書。 領収証 振込手数料分について|助け合い掲示板|経理初心者おたすけ帳

ここでいう「弁済」とは、取引代金の支払いなどを含んでおり、また「受取証書」とは一般的にいうところの領収書にあたります。

4

購入者の手元にある領収書と引き換えに店舗で発行する領収書を渡すこと。 現金以外で支払う場合の領収書の発行義務 上記で、代金の受け渡しの際には、受取人が領収書を発行する義務があると述べましたが、代金が現金以外で支払われる場合にも、領収書の発行義務は生じるのでしょうか? 以下で、銀行振り込みの場合とクレジットカード払いの場合について紹介します。

7

その領収書が支払いの証明になるので、店舗から領収書を発行する必要はありません。

・書類の作成者(領収した人)の氏名または名称 ・支払いをした日付 ・何に対する支払いか ・支払われた金額 ・支払った人の氏名または名称 こうして作成した出金伝票は、領収書などの税務書類と同様に保存する必要があります。 領収書の再発行の義務はない 代金を受け取った企業や個人は、基本的に請求があれば領収書を発行しなければなりませんが、領収書の再発行はその限りではありません。 明細書が領収書代わりになるとはいえ、税務調査時に「領収書という形式でないとダメだ!」といわれるケースがあったり、その購入品が 売上を上げるために必要なものかどうか判断できないと、経費として認められない可能性があるからです。

19

また、クレジットカード販売は信用取引であるという理由から、たとえ表題が「領収書」であったとしても、このような書類は、税法上の領収書にあたる「第17号の1文書(売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書)」とはみなされません。 先日、女性で起業したい・起業されているという方を集めて交流会を行いました。 それは、 「ポイントで支払われたお買い物に対して、領収書は発行できるのか?」ということ。

ここでいう弁済とは、代金の支払いを指し、受取証書は領収書にあたります。 その際、領収書金銭の授受はカード会社を通して行われているため、 「クレジットカード利用」や「クレジットカード取扱」と記載する必要がある。