下請 法 誤 発注。 下請法(下請代金支払遅延等防止法)を守る業務委託の方法~コンプライアンス~

発注金額のミスによる減額 弊社は元請けから仕事を頂いて作業をしています。 また,親事業者が受入検査を行い,一旦合格品として取り扱ったもののうち,直ちに発見することができない瑕疵があったものについては,受領後6か月以内(一般消費者に6か月を超える保証期間を定めている場合は,その保証期間に合わせて最長1年)であれば返品することができるが,直ちに発見することができる瑕疵があったものについては,返品すると本法違反となる。

4

7.報復(下請事業者が公正取引委員会に違反を報告したことに対する代金減額など)• 1.書面の交付• このため、? 1.発注した物品の受領拒否• 下請法に違反するとどうなる? では、下請法に違反するとどのような制裁を受けることになるのでしょうか。 下請法とは? 下請取引における下請代金の支払遅延などの行為は、独禁法の不公正な取引方法のうち優越的地位の濫用行為に該当するため、 独禁法19条に違反するおそれがある行為です。

9

また、電子署名も何もないままファイルを電子メールで送信し交付しただけでは、改ざん等の不安も残ります。

鉄鋼メーカーが顧客渡しの契約で製品を販売している場合など,運送中の製品の所有権が鉄鋼メーカーにあるときは,鉄鋼メーカーは自己の所有物の運送を他の事業者に委託しているに過ぎず,当該役務は自ら用いる役務であるので,役務提供委託には該当せず,本法の対象とはならない。 これらは,一般に企業(委託者)が自ら用いる役務であり,他者に業として提供する役務でないので,役務提供委託に該当せず,本法の対象とはならない。

20

5 その他 自社ホームページの作成• したがって,例えば,親事業者が従来の銀行窓口での振込みに代えてインターネットバンキング等を利用することによって,実際に負担する振込手数料が少なくなっているにもかかわらず,下請代金から従来の銀行窓口での振込手数料相当額を差し引くことは,下請代金の減額として問題となる。 もっとも、「親事業者の予算単価のみを基準として、一方的に通常の対価より低い単価で下請代金の額を定めること」は、「買いたたき」に該当するおそれがあるとされています 交渉過程からして、発注者が低い価格を一方的に定めてきたような事情があれば、不当な「買いたたき」として違法になり得ます。 利用強制に該当しない場合等 Q40 放送局が放送番組の作成を番組制作会社に委託するに当たり,放送局が特定のタレントを起用するよう指示することは,購入・利用強制に該当するか。

16

もう見るからに「え?こんなことしょっちゅうやられてるよ!」という内容が並んでいるかもしれません。 Q16 下請事業者名簿には実際に取引のある支店等の情報を記入するのですか。

6

ア 納品物に瑕疵または納期遅れ等があるとして受領拒否または返品をした場合に、当該納品物の下請代金の額を減ずるとき イ アの場合で受領拒否または返品せずに親事業者が手直しをした場合に、手直しに要した相当費用を減ずるとき ウ 瑕疵の存在または納期遅れ等による商品価値の低下が明らかな場合に、客観的に相当と認められる額を減ずるとき 下請法に違反した場合には、公正取引委員会から勧告や指導を受けるとともに、下請事業者から減額分の返還を求められる場合もあります。 以下「 運用基準」といいます)。