立花 宗茂。 立花宗茂

こうして並べてみると、違いが一目瞭然です。 『無双の花』(文藝春秋、2012年)•。 家光の頃の様子について『立斎旧聞記』には「この日本の諸大名歴々たりといえども、御前にて頭巾をかぶり、殿中にて杖をつく人は宗茂の他は一人もないとのことである。

次弟:• 語源のやなどのように、戦陣だけではなく、・・・・などの前で精妙な射芸を見せて驚嘆させた逸話はたくさんある。 なお、これらの武勇伝は同時代史料に記録が無く、話の信憑性には疑問符が付く。

17

これまで 大友 おおとも の家臣でしたが、 柳河城主になると大友から離れて独立しました。 全体の監修は九州大学大学院助教授・中野等先生にお願いいたしました。

3

そこで得た情報をもとに、立花宗茂は城攻めを行ないます。 当代有名の勇将にしても複数の弓術免許皆伝を受ける比類なき武芸の達人で、そして飛驒守の官位から飛字をとったことが由来。 《》是一款以日本戰國時代末期為背景的 (動作)遊戲,故事融合了部分的史實,包含了日本戰國的許多著名武將、經典戰役以及事件,同時也加入了許多虛構的鬼怪元素,像是賢者之石、常世的怪物、守護靈等等要素,讓整個劇情在史實的骨架上添加了傳說色彩的血與肉,加上精巧多元的武器設定。

11

初陣の大高城の戦いでは、自ら敵陣に向かい、敵の首を挙げたといわれています。 文祿四年(1595年)回日本,於「太閣檢地」中測得柳川藩實為22萬石,且因朝鮮戰功加增4萬石為26萬石,但是不久後因為 等人從中作梗,被消去10萬石而成16萬石。 妹:甲斐 - 室• 明・朝鮮軍を同士討させ、小早川隆景、小早川秀包、、、、宇喜多秀家らが三方より明軍を包囲した。

天正六年(1578年)12月, 侵入筑前進攻寶滿、立花城,於《寬永諸家系圖傳》、《立花事實記》記述此戰宗茂以12歲之齡初陣。

九州經歷了豐臣秀吉的征伐後,因功被封柳河13萬2千餘石的領地,誾千代知道後雖然為丈夫的表現感到高興,但隨後便鬱鬱寡歡,因為要離開從小便居住的立花山城,移居到父親長年征戰不下的柳河城,且道雪和祖母(養孝院)皆葬在立花山城,心中不免一陣不悅,離去前便在立花城境內建了「梅獄寺」悼念父親,離城也比宗茂晚了三日。 「彼(敵)のなさんとするところを、先んじて我なせば、勝たざるごとなし」• 雷神之女 [ ] 6年(1578年),大友家與島津家爆發。