一乗 谷。 名門朝倉家を滅亡させた信長の一乗谷攻略の真実 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

福井平野から山地に入ってすぐの好立地で、美濃街道が通り、南には府中守護所のある武生に通じる朝倉街道が整備されていた。 信長方各部隊も各要衝に城砦、戦陣を構築し、小谷城および朝倉軍包囲を計画する。 一乗城山 一乗城山(いちじょうしろやま)は、一乗谷の東にある山頂で、本丸跡、一の丸跡、二の丸跡、三の丸跡が残ると言います。

上城戸 上城戸跡は、上流側 城下町の南端 に位置し、やはり谷幅が狭いところに築かれていて、下城戸跡からの距離は約1. 店舗、施設からの情報を基に掲載していますので、変更になっている場合があります。 信長はあらかじめ、「朝倉軍が退散するのを見逃さず、追撃せよ」と命じていた。 石川県や福井県の観光スポットを詳しくレポートしています。

1

一方、東側に復原されているのは中規模の武家屋敷。 一部の武将、一族衆らは織田方に参したが、特に重く用いられるものはなかった。

9

屋敷内に工房を備えて職人を抱え、敷地内に庭園もあったようだ。 現在、高さ4m、長さ38mの土塁が残っており、土塁の西側に巨石を組み合わせた通路跡があり、一乗谷の城下町の入口になっています。

17

但し、斎藤龍興には生存説が複数存在している。 交通アクセス JR福井駅から一乗谷朝倉特急バス、「復原町並」下車すぐ。

義景は兵数で勝ち目がないことを知り、 「撤退」を決断したまでは良かったが、それを見越していた信長は、朝倉軍が撤退するいなや、自ら本隊を率い義景の背後を襲います。 信長は本陣より自ら1,000人の手兵・馬廻のみを率いて軍を返し、朝倉方が守る大嶽砦を奇襲した。 朝倉軍が撤退を開始するや、信長は本隊を率い、自ら先頭指揮を行って朝倉軍を追撃した。

8

好機を逃すことのないようにと下知をした。

7

しかし織田方の先手武将達は、事前通達を受けていたにも関わらず信長より遅れてしまい、後に叱責を受けている。 更に、丁野山砦が陥落し、朝倉義景は越前への退却を始めます。 南陽寺跡庭園では、義昭を招いて観桜の酒宴が催されたこともあるという。

住所 福井市安波賀町4-10 電話 0776-41-2301 駐車場 乗用車・大型バスの無料駐車場があります。

19