如意 伝 あらすじ 全 話 日本 語。 中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第61

第83話 「格格の告発」• 直接、如懿は乾隆帝に本心を問う。

20

真逆の視点から歴史を語るこの二つの話題作を同時に見比べることもまた一興だ。

2

蓮心が王欽に暴力を振るわれていた、さらにマイ貴人に関する噂の出どころは王欽だったと証言し、 如懿は皇帝の信頼を取り戻す。 — 養心殿副総管太監 王欽(おうきん) 役• 第78話 「御花園の幻」• そしてその結果、宮廷時代劇のトップにいた「瓔珞」と共に視聴ランキングの1・2位を独占することになったんですね。

18

後日、 超ブスの姉と一緒に嫁ぎに来ました。

9

皇后は、連続する災いに恐怖を抱いている。 両親と恋人と皇帝の死、そして特別な日にのみ髪を切ることができます。 イザナギイザナミと別れて黄泉から地上に帰る途中でした。

1

陳婉茵の想いが報われたのは良かったが、ただこの寵愛にはある理由があった。 東の敵、全部、殺しました。 しかし、 海常在は『如懿の仕業ではない』と反論する。

4

小さい時からと行動を共にする女房役。 そんな折、如懿は慧貴妃を見舞い慧貴妃の太監・双喜(そうき)が蛇を飼っていると知り探りを入れ始める。 容珮は主人に羹を差し入れ、何を読んでいるのか尋ねた。

8

その様子を見た 乾隆帝は、海蘭に想いを寄せるようになる。 「…孝賢皇后という剣が皇上と娘娘の仲を裂きました」 「私は剣など気にしないけど、皇上がその剣で私を傷つけている…」 すると突然、陳婉茵が一行を止め、その場にひざまずいた。

12

如懿の護衛をしているうちに想いを寄せる 鈕祜禄(皇太后)/ヴィヴィアン・ウー・・・乾隆帝の養母で口出しすることが多い。 如懿のことを快く思っておらず、如懿と乾隆帝の仲を妨害する。 キャスト [ ] 主演 [ ]• 帰りの道すがら容珮は本当に第12皇子を愉妃のもとへ送るのか聞いた。

13