スタンガン 気絶。 「スタンガンは服の上から使っても気絶しない」——本当に有効な防犯グッズって何なの? 専門家に聞いてみた

佐川急便e-コレクト(デビットカード・クレジットカード)も御利用いただけます。 幸いにスタンガンの日本でのイメージは非常に強力的な武器のようなイメージがあります。

これは気持ちいいんです、実は。 毎日使う携帯にスタンガンがついているのはいざというときも安心です。

19

でも、麻酔薬としては使われてきたようです。

17

中山: 服の上からでは気絶しないですね。 これまでバレた浮気は数知れず、そのたびに制裁を受けている。

16

さて、スタンガンをあてられたときの感覚について、 いたずらグッズにある、「ビリビリなんじゃら」みたいなものや、スーパー銭湯にある「電気風呂」のような感覚だと思ってください。 高田: 僕、催涙を昔持っていました。 やはり正当な理由があれば持ち歩いていても問題ありませんが、なかなか信用してはもらえないでしょう。

14

中山: その通りです。 スタンガンは基本的に、暴漢などの相手との距離が少し離れた状態から、放電光や放電音を相手に見せることで、相手を威嚇して怯ませ、戦意喪失させる為の護身用品です。

また何らかの疾患を持つものに行使した場合や、首や頭部、皮膚の敏感な所に過度に使用した場合には、死亡したり、後遺症や火傷の跡が残る場合がある。 問題は、購入したスタンガンになじむと言うことです。 今回の「」では、対策の専門家である中山天さんを講師に招き、MCでのさんと、生徒役での横山、さん、さん、元 閃光の大沼采奈さんに、防犯の正しい使い方や実際に役立つを紹介しました。

3