ガンニバル あの 人。 ガンニバル 5巻 ~解剖医の中村から銀がクールー病に罹っていたと聞く大悟 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

元駐在の娘である狩野すみれと供花村の真相を探っていくと約束をする。 大悟のもとへ知らない番号から着信が入る。

4

警察によって全て明らかになれば、 村として存続していくのは難しいように思えます。 かつ暴力事件にはほぼ関わっていないでしょうから刑事罰は免れるのではと考えています。

10

しかし、母親は後藤藍としての過去を捨てたと話し、それに対して京介は警察に信頼出来る人がいるため、過去を全て話して欲しいと言います。 『違う…血なんぞ…繋がっとらん』 恵介も初耳だったのか驚く表情を見せていく。 村八分。

4

歩き進めている時に恵介が葬式に参列している人数がオカシイと言い始めました。 。

11

多分、ガンニバル 読んでいても全くヒントがなかったので誰もわからないじゃないかな〜 「 うそ!そうなの〜」 って思うこと間違いなし! 特に、恵介と陽介の家族関係は凄いです。 大悟は困った人を放って置けない性格です。

14

有希は一人で荷ほどきをしながらふと、ましろがいない事に気付くのです。

15

犠牲は出ますが、証拠を集めるよりはその方が合理的で手っ取り早いでしょう。

6

そんな『ガンニバル』の特に注目してほしいポイントを3つに厳選してご紹介してきます。 もはや彼からの情報が頼りです。

10

自分のように監禁されていた子供達を救いたいと話す京介に、京介が顔を喰われた日の状況が蘇ります。 また途中、重装備の警官隊と乗り込んできた刑事が、後藤家のすごい秘密を話すことに。 後藤家の暴力に支配されている供花村を大吾の暴力で制圧すると言った金丸に対し、大吾は供花村の事情について詳しいと金丸に言うと供花村に戻っていきます。

2