ルネ マグリット。 ルネ・マグリットはどんな画家?生涯・年表まとめ【代表作品も紹介】

機関車のモデルはロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道4-6-0だといわれる。 マグリットはマックス・エルンストからコラージュの技法とデペイズマンの手法を学びます。 ベルギーに舞い戻って働いていたマグリットだが、1940年代になると第二次世界大戦が勃発。

8

そのマグリットがシュルレアリスム画家となるためにはいくつかの出会いが重なってのことでした。

2

まだ絵画を続けており、当時は 印象派的な風景画などを描いていた。

11

エルンストはコラージュを駆使するシュルレアリストの画家で、マグリットにコラージュの技法とデペイズマンという配置の効果を教えました。

11

何とも言えない不思議な魅力が迫ってくるこの作品は、戦後のマグリットを代表する傑作の1つです。 シュルレアリスムに進むべき道を見出したマグリット。 典型的な中産階級であったマグリット家には、ルネのあとに2人の息子が生まれています。

4

したがって、「陵辱」は主に三つの解釈が生まれている。 コラージュとは、「糊貼り」という意味で、本来は画面に断片化された別の素材を貼る技法ですが、マグリットはコラージュのような絵を手で描きました。 文:ビッケ 静かな狂気に感じる不気味さと憧れ マグリットはジョルジョ・デ・キリコ、サルバドール・ダリと同じシュルレアリズムの画家です。

20