差し支え ご ざいません でしょ うか。 「差し支えない」の正しい敬語表現とは

丁寧だと思って使う言葉でも、相手の捉え方によっては過剰な表現となってしまうため注意してください。

11

メールでの書き方 相手の許可を得たいときや、都合や進捗状況を聞きたいときの確認に多く用いられる傾向です。 「教えてくれますか?」を「お教えいただけますか?」や「お伺いしてもよろしいでしょうか?」に変えるなど、使い方に注意してください。

17

逆をいえば、拒否されたら問題がある状況には使えない言葉になります。

15

ただ、「差し支えありません」でどんな目上の人にも失礼にならないので、 ビジネスでは最も無難な表現と考えてよいでしょう。

10

「問題ない」という形で使い、「それでしたら問題ありません」や、「その日程で問題ありません」という風に応えます。 せっかく敬語を使っていても、使い方を間違ってしまうことで逆に失礼になってしまうこともあります。 ただ、「無理です」や「できません」では丁寧さに欠ける返答になります。

13

他にも「可能であれば」や「恐れ入りますが」が「差し支えなければ」の類語となるので、状況に応じて使い分けましょう。

8

日本語を勉強中の中国人です。 「お手数ですが」• 提案した相手から断られる可能性もあり、拒否されても問題がない状況で「差し支えなければ」を使うようにしましょう。

4

つまり、「問題がありません」や「問題ありません」といった表現を、丁寧に言い換えた表現が「差し支えありません」なのです。 」 ・Please sign if you do not mind. 「差し支え」の敬語での表現 「差し支え」という言葉は、敬語でも使えるのでしょうか。

5

いずれにせよ、「構いません」の一言だけでは冷たい、またはきつい印象を与えてしまいがちですので、使用する際はその後にフォローするような言葉を続けることが大切です。 ほかのクッション言葉に言い換えることも可能 お名前・お食事・お話・お手紙など、接頭語の『お』が重なってしまう場合は『お差し支えなければ』を、ほかのクッション言葉に換えてみましょう。 断りの前にクッション言葉をつけて、丁寧に断るのがマナーでしょう。

16