星 を 仰ぐ 歌詞。 Lyrics 菅田将暉 (Masaki Suda)

そして「想い」の対象こそが歌詞中に登場する「君」になっています。 今回菅田は楽曲を制作するに当たって、自ら演出家、ドラマプロデューサーらとの楽曲打ち合わせから参加。 極限状態ゆえの余裕の無さ、一方通行かもしれない必死さが劇中の響とリンクする楽曲になっていると思います。

17

そんな彼が しんどくなった時、倒れそうになった時に寄り添って支えてくれるような楽曲になれば、という想いを込めて歌わせていただきました。 歌手: 作詞: 作曲: 見兼ねた僕の街 よくある言葉じゃ浮かれない 沈んだ心 なだめる 君に甘え過ぎてダメだな 澄んでる君の瞳に 写った僕を咎めたい 何かを欲しくなるほど 間違い、彷徨い、崩れてしまうな 疲れた地球を背に 今宵は月が笑う 考えず、夢中を生きた 無垢じゃ、辛いよ 星が降る夜をただ仰ぐ いつかの傷と寄り添ってきたけど 限りあるものに焦がれた 夜のままで居れたら 君と居れたら ふいに握られた手 夜風の中でも暖かい 日めくり、抗い、迷ってた 「何が大切なのか分かるかい?」 尋ねた 偉大な夜に 乱れた 息を整えて 考えた 理想ってなんだ 君と居たいよ 愛せない過去も今を創る いつかの傷も僕を救ったかも 限りあるものに焦がれた 夜の先へ ゆけたら 「愛してる」すらもまだ言えず 僕はさ、君に何をあげられるだろうか いつも何かが星に変わる 君もそうかな 星が降る夜をただ仰ぐ いつかの傷も今宵の君も 限りあるものが星になってゆくまで居れたら 君と居れたら. オリオン座の1等星ベテルギウスと、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンの3つの1等星を結んだ三角形は「冬の大三角」と呼ばれる。 今回の発表に併せて新しいアーティスト写真も公開。

14

また、主演を務める竹内涼真さんはこの楽曲を聞いて 事前に楽曲のコンセプトを教えてもらっていたわけではなかったんですが、 一度聴いただけで菅田くんが自分と響に向けて歌ってくれた曲だとわかりました。

14

よろしくお願いします。 そういう響の人間くさい弱い部分や強がっているところも描いていただいたと思います。 事前に楽曲のコンセプトを教えてもらっていたわけではなかったんですが、一度聴いただけで菅田くんが自分と響に向けて歌ってくれた曲だとわかりました。

14

同様の替え歌は、明治43年(1910年)に文部省唱歌『星の界(よ)』として歌われていた(作詞:杉谷代水)。 ある時を境にして、声変わりから高音が出なくなった時期に、カラオケボックスや皆の前で歌うというのも好きでなくなった。

20

さそり座 「あかいめだまの さそり」は、天の川沿いに見える夏の星座・さそり座と、さそり座で最も明るい赤色の恒星アンタレスのこと。 「のぞめば」とは、はるか遠くを眺めること。

19

「星を仰ぐ」の作詞作曲を担当してくれたのは二十歳になったばかりのMega Shinnosukeというアーティストです。 中学校の音楽教科書に掲載された作品としては、「澄みゆくみ空に 夕日は落ちて」が歌い出しの『秋に寄せて』、「月影さやけき 近江の湖(うみ)に」が歌い出しの『懐古』などが知られている。 よろしくお願いします。

2

菅田将暉の新曲「星を仰ぐ」が、2021年1月17日 日 からスタートするドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)の主題歌に決定した。

15