さび と 義勇。 【最終選別】義勇は厄除の面をしていた?手鬼から生存できた理由

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】消えない錆兎への思い 3歳だった義勇は錆兎と共に鱗滝に師事し、揃って最終選別に挑みました。

17

鬼滅の刃の登場人物、冨岡義勇(とみおかぎゆう)の名言・セリフ・心に残る言葉をまとめています。 わざとではないにしても誤解を与えるような言い回しをし、それを直しもしなかったために他の柱たちと対立してしまっています。 義勇と錆兎二人でいるところも見たかったなと思います。

11

手鬼曰く、「鱗滝左近次の彫った厄除の面を目印にしている」ようで、厄除のお面を着用した弟子はみんな喰っているとのこと。

20

どことなく影のある雰囲気だった冨岡さんだけど、その背景にはこういう事実があったんだね…! 鬼滅の刃130話より引用 水柱・冨岡義勇は最終選抜で錆兎に救われたっぽい! あくまで 「水柱じゃない」というのが冨岡さん心の内の問題なのであれば、彼は 「今の自分を認めきれていない」ということなる。

7

姉が鬼に殺されたことを周囲の大人に言ったところ、心の病気だと勘違いされてしまい、遠縁の親戚に預けられそうになり逃げ出したようです。 まだ親と一緒に過ごしている時期の少年のはずです。

藤の花の山に閉じ込められて47年ほど経過しているようですが、喰った人数は50人ほどと言っています。

11