サード パーティ cookie。 サードパーティクッキーとは?ChromeやSafariもブロック予定!広告会社は大打撃

例えば、ある広告会社が提供している広告が、ドメインの異なるいろいろな Webページに埋め込まれている場合に、一人のユーザーがそのいくつかの Webサイトにアクセスしたとします。 サードパーティークッキーにより収集されるサードパーティーデータは、あらゆる広告配信などに活用されています。

Firefox Android の場合• Chrome Android の場合• すると、この広告会社には「 あるユーザーが、このWebページとこのWebページにアクセスした」ということが分かるのです(このことを「追跡される」と言ったりします)。 ちなみにアップルのブラウザ「Safari11」に搭載したITPは、サードパーティクッキーデータを利用できる時間を24時間以内に制限しました。

10

[サイトの設定] をタップします。

18

サードパーティクッキーは複数のサイトを横断し、閲覧を追跡し、ユーザー属性に合わせた広告配信が可能になります。 しかし、広告を載せている Webサイトでは、「 プライバシーポリシー」などのページに、取得する個人データの使用目的を記載しておれば法律的に問題はありません。 クッキー(Cookie)とは? インターネットにおけるクッキー(Cookie)とは、Webサイトが発行するデータをブラウザ(ChromeやSafariなど)に保存する箱のようなものです。

17

クッキーは発行元の違いによって、大きく2つの種類があります。 画面右上にある設定アイコンをタップします。

15

[Cookie] をタップします。 この仕組みを プライバシーの侵害ではないかと感じる人もいるでしょう。

14

サードパーティクッキーとは、簡単に言うとそれ以外のドメインから発行されたクッキーのことです。 それではこのクッキーの種類について解説します。