事務職 志望 動機。 一般事務職の志望動機例文

「前職で体調を崩した」「腰を悪くした」なども、入社後の職務遂行に影響がないか不安を抱かせる可能性がありますので、業務に支障がないのであれば、あえて伝える必要はないでしょう。

10

できるだけ具体的に説明することがポイントです。 応募書類に記載した志望動機は、面接でも詳しく質問されることも多いポイントなので、あなた自身の持ち味をしっかりとアピールできるよう、経験やスキルだけでなく性格や志向などの人間的な部分も盛り込みましょう。

2

1 「私が事務職を志望する理由は・・・と感じるから」 冒頭に一般事務職の適性(=結論)を書くことで採用担当者の気持ちを引き付けることができます。 ですが、企業としては事務職として、頑張るための目的を持っている人を求めています。

3

「コツコツとした作業が得意」とか、想像されていますか? 長い間人事部門を担当していて、履歴書は何百通と拝見させていただいた経験があります。 「企業とのマッチング」、「人のために奉仕する精神やコミュニケーション能力のアピール」、そして「その会社を選んだ理由」の3点についてしっかり押さえていきましょう。

1

事務職に求められる一般的な能力としては、決められた仕事を「正確に」「スピーディーに」行えること、そして何よりも、他のスタッフとの連携の中で「円滑なコミュニケーション」が取れることが大切になってきます。 比較することで、その企業にしかないもの、その企業でしかできないことが見えてくるかもしれません。 取り扱う範囲が広いので、マルチタスク管理能力や周りの人と積極的に情報を共有できるコミュニケーション能力、PCスキルが重視されます。

3

人をサポートすることが得意で自分に向いていると感じます。 また、いろいろな人から業務依頼や指示を受けることが多いため、頼みやすい人柄や、コミュニケーション能力の高い人は適性があると言えるでしょう。 外来で患者さんと医師・看護師との間の橋渡し• 御社に入社することができましたら、パソコンの資格とコミュニケーション能力で、御社に貢献したいと考えております。

4