イソフラボン 女性 ホルモン。 イソフラボン

血液をサラサラにする• 先祖から受け継がれてきた長い食経験があり、日本人の健康維持にも貢献してきました。 大豆イソフラボンは、大豆や大豆製品にも含まれています。 美肌効果 女性が、肌にハリがなくなったり、しわやたるみが多くなったりして、肌が老化するのは、女性ホルモンの減少が原因の一つとして考えられます。

17

大豆イソフラボンには成人女性の骨の成分維持に役立つ機能があることが報告されています。

14

ホットフラッシュ(ほてり)• また、大豆イソフラボンや大豆タンパク質、大豆の食物繊維などが共同して働くことによっても、コレステロール値を下げる効果があることが分かっています。

8

女性ホルモンは体内で分泌され、年齢と共にその量は減少していきます。

9

Larsen 1998 : Detection of weak estrogenic flavonoids using a recombinant yeast strain and a modified MCF7 cell proliferation assay. なお、「配糖体」とは、糖の一定部分の水酸基(-OH)と糖でない部分(アグリコン)が脱水縮合(H2O(水)が抜けて結合)した構造を有する化合物の総称をいいます。 コレステロールが増加すると、動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる病気を引き起こす可能性があります。

なお、「血管新生」とは、組織の維持や増殖に必要な栄養や酸素を得るために、既存の血管から新しい血管をつくられることをいいます。 また、更年期障害などホルモンバランスが乱れたとき、ホルモンバランスを整える成分ばかりに目が行きがちですが、体内では免疫力が低下していたり、自律神経が乱れていたりします。

1

イソラコン• 大豆イソフラボンを摂りたいときにいつでも手軽に摂ることができます。

・Nagakura T, Matsuda S, Shichijyo K, Sugimoto H, Hata K. このようなクレームを受け、現在では、「まれに豆の表面にできる白い斑点は、大豆の成分が溶けてできたものです。 一方、この女性ホルモンの減少に対しての様々な対策は可能です。

20