蜘蛛 です が なにか アラクネ。 蜘蛛ですが、なにか?とは (クモデスガナニカとは) [単語記事]

『』シリーズでは頭以外蜘蛛という姿で登場するなど様々である。

妖魔ではなく、人間から進化した亜人らしい。 「私」• 戦況に応じて多様な武器を使いこなす。

10

文化様式も隣接するレングザンド帝国に似る。 前世の記憶によると家庭内に居場所がなく、クラスでも遠巻きにされる孤独な立場にいたらしく自己評価はかなり低い。

18

本来なら魔力に非常に複雑な工程を経由させないと発動しない「魔法」を比較的簡単に扱うことが出来るよう補助したり、自重を支えることも怪しい巨大な魔物が自由に動けたりと、効果は非常に広域に渡っており異世界の住人は意識しないまま日々恩恵を受けて暮らしている。 一匹のスライムが身につけたスキルを駆使し、知恵と度胸で仲間を増やしていく。

「迷宮の悪夢」が自領内に出現したと同時に妻子を救い、領民に無償の治療を行ったことに対してちぐはぐなものを感じており、命の恩人を信奉する妻をよそに、その正体について頭を悩ませていた。 スタッフ• 主人公とはスキルやステータスを共有する関係にあったが、魂に変化が生じていたためかスキルの主導権は主人公(本体)に握られており、9体すべてが宿っていた肉体を破壊されて、本体に回収された。 しかし人間としての頭脳と、いわゆる転生特典として得た「韋駄天」のスキルを活用して、死と隣り合わせのサバイバルを潜り抜けていくこととなる。

進化条件:一定以上のステータスを持つ小型蜘蛛型モンスター、「暗殺者」の称号。 メラゾフィス(Merazophis) かつてケレン伯爵夫妻の腹心であった男性。

16

人間とコミュニケーションを取る手段は何かと考え、消極的かつ便宜的な目標として設定した種族であるが、マザーを撃破し魔王の襲撃を切り抜けた主人公が紆余曲折を経て進化しただけあり、進化直後でもステータスは平均3万台に達した。 上層から下層へ落下した際、下層から縦穴を利用しての脱出を試みた際の二度に渡って主人公の前に現れ、見逃すかもしくは気づかずに去っていった。

17

おもしろすぎます。 魂を分解するという裏効果を有しており、この効力は「不死」さえ貫通して対象を滅しきれる。 上位魔法に「次元魔法」が存在する。

あらすじ 地球人の知らない、スキルやステータスといったシステムに支配された異世界。

2