運行 管理 者 試験 過去 問。 平成30年度 第1回 運行管理者試験問題(旅客)過去問と解説

この解説は根拠法令などやどこが間違っているかがひと目でわかります。 また、 マークは動画解説のある問題です。

8

H28第2回問題と解答・解説• 道路運送車両法 ・車両の登録に関する変更の申請期限や申請先について、自動車の検査、点検についての内容を保安基準と照らし合わせながらしっかり把握する ここは、一番少ない4問の出題ですが、だからといって軽視はせずにしっかり学習し、4問全問正解する気持ちで取り組みましょう。

20

また、試験後にTwitterなどを覗いていると、 「時間が足りなかった」 と書いている人も多く見受けました。 )に違反し、又は政令で定める最高限度を超える車両の通行に関し道路管理者が付した条件(通行経路、通行時間等)に違反して事業用自動車を通行させることを防止するため、運転者に対する適切な指導及び監督を怠ってはならない。

20

まずは、ざっとテキストを2~3回ほど読み込みます。 3.事業者は、事業用自動車に係る事故が発生した場合には、事故の発生日時等所定の事項を記録し、その記録を当該事業用自動車の運行を管理する営業所において1年間保存しなければならない。 そのため結果が不合格であった場合でも、勉強を継続して次の試験を受けたときには かなりの高得点で余裕の合格をする可能性が高いです。

9

2.就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。 問15 解答: 2 問16 道路交通法に定める運転者及び使用者の義務等についての次の記述のうち、正しいものを2つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 1日の拘束時間、運転時間、翌勤務までの休息時間、1週間の拘束時間など細かく決められています。

9

運行管理者試験に合格するために 実際の試験は紛らわしいひっかけ問題も少なくありません。

9

実務上の知識及び能力5つの分野から出題されます。 乗務員に対して貨物の積載方法を指導・監督すること• 貨物では2人以上の死者(旅客では1人以上)が出た事故など、自動車事故報告規則第4条に該当する重大な事故の場合は、24時間以内にできるだけ速やかに、その事故の概要を電話やFAXで当該自動車の使用の本拠の位置を管轄する運輸管理部長又は運輸支局長に報告しなければなりません。

16

リクルートエージェント リクルートエージェントは、国内最大級の転職エージェントです。

2

)の定めに関する次の記述のうち、正しいものを2つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。 全30問のうち18問以上正答で合格点となりますが、足切りがあって、1~4番まで それぞれ1問以上正答で5番に関しては2問以上正答する必要があります。 それを何度も繰り返します。

4