小児 慢性 特定 疾患。 栃木県/小児慢性特定疾病医療費助成制度の申請を受付しています!

長期にわたって高額な医療費の負担が続く疾病であること 疾患ごとに症状や治療内容などによる認定基準があります。 更新を希望される場合は、申請してください。 詳細についてはをご覧ください。

20

また、他に乳幼児(子ども)医療、心身障害者(児)医療、ひとり親家庭等医療などの受給者証をお持ちの方については、小児慢性特定疾病医療が優先して適用されることとなりますが、お持ちの受給者証全てを必ず医療機関窓口に提示してください。 療育指導連絡票について 指定医療機関からの療育指導連絡票に基づき、保健福祉事務所では、小児慢性特定疾病児童等の家族に対して家庭看護、食事・栄養及び歯科保健等に関する指導、福祉制度の紹介、精神的支援、学校との連絡調整、その他日常生活に関し必要な内容について相談に応じています。 もし、同じ世帯に他にも小児慢性特定疾病や指定難病の患者がいる場合には、世帯単位での負担額の上限が決められます。

14

。 助成期間内の認定された疾病の治療にかかる保険診療であり、医療保険適用後の自己負担額(入院時食事療養費標準負担額は含みません。

15

給付対象とならないもの• 小児慢性特定疾病医療費助成制度について 平成26年5月30日に「児童福祉法の一部を改正する法律(平成26年法律第47号)」が公布され、平成27年1月1日から新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度が実施されています。 【医療意見書の様式見直し】 小児慢性特定疾病医療費助成事業における医療意見書の見直しが行われ、平成30年10月1日から新様式へ移行しました。 全疾病名と対象基準については,をご覧ください。

5

(2)変更届 指定申請書に記載した事項等に変更があった場合は、変更のあった日から10日以内に届出を行ってください。 医療機関等窓口において、乳幼児医療証(マル乳医療証)又は義務教育就学児医療証(マル子医療証)のみを提示して精算した場合、あとで小児慢性特定疾病医療費助成について還付請求を行うことはできません。 ) なお、申請は小児慢性特定疾病の医療を受ける児童の保護者(原則は医療保険の被保険者、市町村国保の場合は児童を扶養している方)が行ってください。

12

移送費(生活保護受給中などで医療保険に加入しておらず,医療保険からの給付を受けることができない方が対象です。

17

5 承認の場合は医療受給者証が発行され、不承認の場合は不承認通知書が発行されます。 令和2年5月25日までに改姓や転居等によりに変更があり、かつ、令和2年5月25日までに変更手続がとられていない場合• 原則として県内に居住している18歳未満の方(認定後は20歳未満まで延長できます。 同意の有無が医療費助成の認定・非認定に影響する事は一切ありません。

18