軽減 税率 対策 補助 金。 鹿児島県霧島市|軽減税率対策補助金

電子的な受発注システムを利用している場合に、複数税率に対応するために必要な機能を備えるための改修や入替などに用いる補助金になります。 既に、手続きに関する資料が手元にある方は、今般の改訂版を利用なさるよう、上記URLよりダウンロードしましょう。

12

小売事業者等の発注システムの場合: 1000万円• つまり最大で、1事業者あたり1000万円まで補助される形になります。 大切なことは営んでいる事業が対象事業に該当するかどうか?です ひとことでいうと、飲食料品(お酒や外食サービスは除く)を販売しているかどうかです。 この場合はシステムベンダーに問い合わせの上、補助金を用いた改修・入替を相談して下さい。

20

申請者に代わって、システムベンダー等の指定事業者が申請します。 ・レジ専用ソフトウェアサーバールーター(複数税率に対応するために必要な販売管理やマスタ管理に関するソフトウェア。

13

ただタブレット端末をレジにする場合は補助率が2分の1になる等の例外があるので注意しましょう。 となると、これまで一律8%で対応してきたものが、システム上対応出来なくなってしまいますね。

8

あなたのお店のレジは対応できるものでしょうか?軽減税率に対応するためにレジを替える場合は、この補助金を活用することをおすすめします。 おわりに 2019年10月から消費税率が10%に引き上げられましたが、低所得者層を中心とした経済生活への影響を配慮し、軽減税率制度も併せて導入されています。 軽減税率補助金C型の概要 軽減税率補助金C型は、軽減税率に対応した請求書の発行を実施するための請求書管理システムの導入や改修を支援するための補助制度です。

申請区分と対象機器 レジの種類や複数税率への対応方法(導入または改修)により合計6種類の申請区分に分かれます。 物件価額と付属費用がリース料で概ね回収される契約であること• 補助金を申請するレジは日頃から使用しており、予備のレジ、イベント用などの一時的な使用目的のものではない• その上で、低所得者層へ配慮する観点から「軽減税率制度」を実施する事も決まり、8%の商品と10%の商品が混在する事になります。 何より、2019年9月30日までに契約完了しなければならないという期限もあります。

20

PDF形式:201KB 平成31年1月31日. レジ付属機器:レシートプリンタ・キャッシュドロア・バーコードリーダー・クレジットカード決済端末・カスタマーディスプレイ等• A-6型 商品マスタの設定 複数税率に対応するために商品マスタを設定する場合の費用を補助対象とします。 2023年に実施予定の「適格請求書等保存方式」(インボイス制度)を見据えた準備をすることが望ましいでしょう。 ちなみに申請は「A-3型」になります 複数税率対応したレジ機能サービスをタブレット、PC、スマートフォンを用いて利用し、レシートプリンタを含む付属機器を組み合わせてレジとして新たに導入するものを補助対象とします。

8