ある 日 お姫様。 【翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 90話【ネタバレと感想】

ベッドで眠るクロードの傍で、机を持ってきて何かを書くアタナシア。

5

どうせ知ってるんでしょう、と思いつつもアタナシアは口を開きました。

3

うん…と答えた姫様は恥ずかしいなと感じていました。

華やかな皇室といえども、中身はドロドロですね。

それにクロードのすぐ上の世代の皇族は、ほとんど情報が残っていなかった。 「壊れそうだな。 しかし、皇帝のところへ向かうと、そこには皇帝とお茶をしているジェニットの姿があります。

14

(私の居場所なんて無いのかな…) 相談相手の居ないジェニットは、悲しそうに嘆くのでした。 「今すぐ出て行きなさい」 ロジャーは瞳を怪しく光らせ、口元だけ笑います。

休暇中の陛下を邪魔しないために私の判断で元老会を招集しました」 アルフィアス公爵をばっさりと論破したアタナシアに貴族たちは感心します。

そんな陛下が正直に感情を伝えたのは、姫様との時間が心地よく感じられたからですよ…以前のように。

20

アーティはリリーに会うことで目的を達成し、帰ろうとしましたが、リリーは皇帝(パパ)がアーティを気づけたことを公開していることを伝え、エメラルド宮へ行くよう勧めました。

17