プログラマー きつい。 IT土方ってキツイの?絶賛IT土方中のプログラマーが本音で語ってみる

しても月20時間くらいですね。 むしろ、汎用的なスキルが身につかず、いまの会社以外で通用しない人材になる方が、よほどリスクは大きいと思いますよ。 勉強することで新たな知識を身につける• 現在、もしくは過去にプログラマだった方で苦労されたけど今はどうにかなっている方や、なにかためになりそうな新入社員へ向けた話をお持ちの方、お願いです。

19

仕事のやり方を変える• だから今は1つの言語をしっかり学ぶことじゃないでしょうか。

16

集中力が高い チームを組んで開発業務を行う場合、他のプログラマーと十分なコミュニケーションをとりながら作業の方向性を確認することも非常に重要です。 今までは、コンピューターの処理を自社内にサーバーを建てて行っていましたが、今はインターネット上で行えるように。 ただ、プログラミングで 悩まされるのは最初だけです。

7

いまはどこの企業もプログラマー不足なので、これからその傾向はどんどん高まっていくでしょう。

6

それもこれも、今の職場環境が自分にあっており、私自身がエンジニアという仕事が大好きだからです。

17

なので、ほどほどに適当で、ほどほどに真面目にっていう、絶妙なバランス感が大事なんじゃないかなと思います。 インフラエンジニア とかも夜間にネットワークのメンテナンスをやることもあり、月に1回は夜間シフトがあるなどよくありますね。

最近のスクールは就職・転職サポートもついているので、 「プログラミング学習+就職サポート」をセットで受けられます。 今回、エンジニアがフリーランスとして活躍するうえで失敗しやすい原因にあげられているのは以下の3点。 A ベストアンサー 一応構築系のネットワークエンジニアです。

プログラマーですか? 楽しいですよ。

12